プレスリリース

2016.02.23

スキルミオン生成に表れるトポロジーの融合 -低消費電力エレクトロニクスに新原理-:物理工学専攻 十倉好紀 教授研究グループら

十倉好紀グループディレクター(東京大学大学院工学系研究科 教授)、理化学研究所(理研)創発物性科学研究センター強相関物性研究グループの安田憲司研修生(東京大学大学院工学系研究科 大学院生)、強相関界面研究グループの川﨑雅司グループディレクター(同 教授)、強相関理論研究グループの若月良平研修生(同 大学院生)、永長直人グループディレクター(同 教授)、東北大学金属材料研究所の塚﨑敦教授らの共同研究グループは、トポロジカル絶縁体である(Bi1-ySby)2Te3(Bi:ビスマス、Sb:アンチモン、Te:テルル)薄膜上に、磁性元素Cr(クロム)を添加したトポロジカル絶縁体Crx(Bi1-ySby)2-xTe3を積層させた構造の作製により微小な渦状の磁気構造である磁気スキルミオンを生成することに成功し、スキルミオン生成の新たな設計指針を見出しました。

本研究は、最先端研究開発支援プログラム(FIRST)課題名「強相関量子科学」の事業の一環として行われました。
成果は、英国の科学雑誌『Nature Physics』に掲載されるのに先立ち、オンライン版(2月22日付け:日本時間2月23日)に掲載されます。

 

詳細はこちらからご覧ください。

Abstract URL:http://www.nature.com/nphys/journal/vaop/ncurrent/full/nphys3671.html

<記事>
理化学研究所: http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160223_1/
東北大学: http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2016/02/press20160219-01.html
              http://www.imr.tohoku.ac.jp/ja/info/results/index.html#re0219