共同研究・受託研究 事例紹介

次世代蓄電デバイスの開発

1) 研究室名: 山田・大久保研究室

2) 研究内容: 東大にて開発した材料技術をベースに三菱自動車にてデバイス開発に展開する。

3) 研究期間: 平成22年1月〜平成27年3月

4) 共同研究の場合、相手組織(企業等)・部署名: 三菱自動車工業株式会社

5) 企業等における適用内容とその成果: 蓄電池開発のための設備情報とノウハウの移管と、派遣研究員滞在による当該分野の研究開発の中核となり得る人材の育成。共同研究成果の多くを学会・論文発表し、アクティビティをアピールし、広報の一環を担った。

 

電気自動車(i-MiEV)試乗会