共同研究・受託研究 事例紹介

射出成形を用いた微細転写技術の開発

1) 研究室名: 中尾政之,長藤圭介/中尾研究室

2) 研究内容:
  スループットが高い一方で、微細構造の転写が困難な射出成形をヒートアンドクール技術を用いることで可能にし,生体状態に近いとされる三次元培養ディッシュを作製することに成功した。

3) 研究期間 :2011年9月26日〜2014年3月31日

4) 共同研究の相手組織(企業等)・部署名:
  株式会社精工技研・精機事業推進部精機開発課/テラ株式会社・研究開発部

5) 企業等における適用内容とその成果: 細胞培養ディッシュを製造し,事業化に結びついた。

6) 関連リンク先: http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/portal/seika/2011/23131204028.pdf

7) 関連論文・特許情報: K. Nagato, “Injection compression molding of replica molds for nanoimprint lithography”, Polymers 6 (2014) 604-612. doi:10.3390/polym6030604

 

射出成形で製作した微細構造培養ディッシュと三次元培養された細胞

 

中尾研究室のHPはこちらから。