研究科長あいさつ

研究科長あいさつ

光石 衛

活力あふれる社会を実現する工学研究と教育の更なる展開
-世界に冠たる工学系研究科の進化-

工学は、科学技術の進歩によって達成されてきた多くのイノベーションにより、社会に活力を与え、豊かな社会を実現することにおいて多大な貢献を果たしてきました。しかし、現代社会においては、さまざまな要因が絡み合い、個々の問題は複雑化しており、どこに問題が存在するかを見つけることすら困難になりつつあります。東京大学大学院工学系研究科は、そのような困難な問題を発見するとともに解決に挑戦する高度な研究の推進と高度な人材を育成することを目指して、18専攻、2附属施設、6附属センターにおいて、約2,000名の修士課程学生、約1,000名の博士課程学生が学び、研究を推進しています。また、約650名の教員が研究・教育に励んでいます。本研究科では基礎から応用までの広い範囲において世界的に卓越した研究が行われております。これからは、世界に誇る研究を更に発展させることはもちろんのこと、世界のトップレベルにある研究の国際的なビジビリティを更に向上させ、より多くの優秀な研究者や学生が集う世界ナンバーワンのリーディング工学系を目指したいと思います。

大学院教育におきましては、グローバルCOEプログラム、博士課程教育リーディングプログラムなどの成果を取り入れ、基礎素養、専門力は当然のこととして、海外大学の学生と共同で実施するサマーキャンプやPBLなどを通じてリーダーシップ、課題設定・解決・遂行力、責任感・使命感、高いコミュニケーション能力、情報・倫理等に優れた能力を涵養するプログラムを充実させます。また、バイリンガルキャンパス構想を推進し、国際舞台において活躍するとともに、グローバル化する国内外の産業界で活躍する人材を育成したいと考えています。

これらを実現するための財務体制強化、研究・教育支援体制の強化、柔軟な人事管理システムや競争力のある給与体系など含んだ人事・運営体制の強化が急務であると考えています。皆様とともに世界に冠たる工学系研究科へと進化させたいと思いますので、ご協力の程よろしくお願いいたします。

» 工学系研究科長・工学部長の近況