トピックス

2020.06.09

【受賞・表彰等】先端学際工学専攻 安田晃久さん(当時博士課程3年)、古澤陽子 特任研究員、森川博之 教授、飯田誠 特任准教授、電気系工学専攻 成末義哲助教らによる研究が日本風力エネルギー学会の論文賞を受賞されました。

令和2年5月27日、先端学際工学専攻 安田晃久さん(当時博士課程3年)、古澤陽子 特任研究員、森川博之 教授、飯田誠 特任准教授、電気系工学専攻 成末義哲助教らによる研究が日本風力エネルギー学会の論文賞を受賞されました。

<受賞された研究・活動について>
稼働監視および制御装置として風車にあらかじめ備え付けられているSCADA(Supervisory Control and Data
Acquisition)の収集データを二次利用することで、安価かつ高精度な風車の異常検知手法を開発しました。
受賞論文:「SCADAデータを用いた風車稼働状態監視モデルに基づく異常検知手法」

<今後の抱負・感想>
名誉ある賞を頂戴し、関係者一同大変光栄です。

<リンク>
日本風力エネルギー学会:http://www.jwea.or.jp/menu2-3.html