トピックス

2019.10.11

【受賞・表彰等】機械工学専攻 山崎由大准教授らが日本機械学会において2018 年度日本機械学会賞(論文)を受賞されました。

 2019年4月18日、機械工学専攻 山崎由大准教授らが日本機械学会において2018 年度日本機械学会賞(論文)を受賞されました。

受賞者:
林 卓哉(修士課程、研究当時)
山崎 由大准教授
金子 成彦名誉教授
疋田孝幸(マツダ株式会社)
水野沙織(マツダ株式会社)
藤井拓磨(マツダ株式会社)

論文タイトル「離散化モデルを用いたHCCI エンジンの制御シミュレーション」

<受賞された研究・活動について>
次世代の高効率、低公害の同時実現のポテンシャルを有するHCCI Homogeneous Charge Compression Ignition 燃焼の実現に向け、従来の実験に基づく制御、制御系設計に代わって、モデルベースで制御系を構築しました。構築した制御システムはノイズやモデル化誤差が有る場合でも高い制御性能を示すことが、シミュレーションによって示されました。

<今後の抱負・感想>
自動車用動力源に電動化の波が押し寄せる中、新興国でのエンジン需要や、電動化の主力がハイブリッドシステムになるという予想があり、今後もエンジンシステムの高効率化、低公害化は重要な課題となります。この課題に対して、燃焼改善、制御に加
え、路上でのドライバー特性まで考慮し、IoT や AI といったツールを駆使したシステム構築に向けた研究に取り組んで行きます。