トピックス

2018.05.15

工学部長・研究科長の近況:Fellow授与式(林 紅 教授)

2018年5月14日(月)中華人民共和国 清華大学材料学院 新エネルギー研究センターおよびニューセラミックス・ファインプロセッシング国家重点研究室副ディレクターのLIN, Hong(林 紅)教授のFellow授与式が研究科長室にて行われました。

東京大学工学系研究科フェローとは、外国の機関を主たる拠点として活躍している方で、工学分野における学術上または教育上の功績が大であり、本研究科との交流を通して本研究科の教育または研究に大きな功労があり、引き続き交流による支援を期待できる方に贈る称号です。

Lim教授は、ナノ構造太陽電池に使用される新エネルギー材料を中心に、ナノ材料の構造設計と合成や、電子励起/伝達/再結合/収集、およびそれらの光化学、電気化学に幅広く貢献してきました。彼女はこれまでに400件以上の科学論文を発表しており、8冊の本を共著し、15件の中国特許を保有しています。また、中国セラミックス協会から中国国際セラミックス大会(CICC)賞を、名古屋大学から国際交流貢献顕彰を受賞しています。現在、Science and Technology of Advanced Materials (STAM)雑誌の編集委員も務めています。

Lin教授は、2005年より本学マテリアル工学専攻と清華大学材料学院との間のワークショップ(ソウル国立大学を交えたものを含む)において計14回清華大学側の実施責任者を務め、その多くで講演も行いました。加えて本学マテリアル工学専攻修士学生の受け入れや清華大学学部生の本学訪問団への助言を通じて学生交流の促進にも貢献してきました。さらに2017年には、バイオエンジニアリング、精密工学、水科学、建築史、バリアフリー研究、人文科学等の多様な分野を含む第2回清華大―東大合同シンポジウムにおいて幹事長を務め、両校の交流強化に貢献しました。

 
大久保研究科長とHong Lin教授