トピックス

2018.02.21

【受賞・表彰等】物理工学専攻 斎藤 優さん(D3)が第8回 日本学術振興会 育志賞を受賞されました。

2018年1月31日(授賞式2018年3月6日)物理工学専攻の斎藤 優さん(D3)が第8回 日本学術振興会 育志賞を受賞されました。

同賞は、天皇陛下の御即位20年に当たり、社会的に厳しい経済環境の中で、勉学や研究に励んでいる若手研究者を支援・奨励するための事業の資として、平成21年に陛下から御下賜金を賜り、このような陛下のお気持ちを受けて、将来、我が国の学術研究の発展に寄与することが期待される優秀な大学院博士後期課程学生を顕彰することで、その勉学及び研究意欲を高め、若手研究者の養成を図ることを目的に平成22年度に創設したものです。 対象者は、人文学、社会科学及び自然科学の全分野において、大学院における学業成績が優秀であり、豊かな人間性を備え、意欲的かつ主体的に勉学及び研究活動に取り組んでいる大学院生としています。
(https://www.jsps.go.jp/j-ikushi-prize/kettei_8_h29.html より引用)

<受賞された研究・活動について>
これまでの超伝導薄膜の研究は乱れが多い系を対象にしており、その本質的な物性は明らかになっていませんでした。私の研究では、2次元結晶における電界誘起超伝導を用いて高結晶性2次元超伝導体の本質的な物性を明らかにしようと試みました。注目すべき結果として、量子揺らぎに起因する磁場中量子相転移や、面内磁場中で極めて強固な超伝導、さらには反転対称性のない結晶構造を反映した非相反輸送現象などを発見しました。これらの成果は、電界誘起2次元超伝導の基礎物性の解明の点から顕著な結果であるだけでなく、新たに高結晶性2次元超伝導の分野を切り開き、学理を構築する上でも重要な結果であると考えられます。

<今後の抱負・感想>
この度、このような賞をいただき大変光栄に思います。研究のご指導を賜りました岩佐義宏先生、研究室の皆様ならびに共同研究者の方々に心より御礼申し上げます。今後も一層研究活動に精進してまいります。

第8回 日本学術振興会 育志賞受賞者一覧:https://www.jsps.go.jp/j-ikushi-prize/ichiran_8_h29.html