トピックス

2017.04.10

【受賞・表彰等】エネルギーシステムの信頼性向上に向けた研究テーマでSiebel Energy Instituteの研究助成資金を2件獲得

2017年3月3日、機械工学専攻の金子 成彦教授、上道 茜助教、システム創成学専攻特任准教授(現在は技術経営戦略学専攻特任准教授)の田中 謙司特任准教授らが、エネルギーシステムの信頼性向上に向けた研究テーマで Siebel Energy Instituteの研究助成資金を2件獲得されました。

「災害リスクを考慮した事業継続性に基づく分散型電源システム導入のための新手法の開発」
金子成彦(代表研究者) / 東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻 教授
上道 茜(共同研究者) / 東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻 助教

「ブロックチェーン技術を用いたスマートメータリングと電力流通決済システムの開発」
田中謙司(代表研究者) / 東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻特任准教授(現在は技術経営戦略学専攻特任准教授)
ヴェルツアネッタ(共同研究者) / 東京大学大学院工学系研究科,ソニーコンピュータサイエンス研究所
武田泰弘(共同研究者) / OPT Incubate 

<授賞した賞の名称と簡単な説明>
Siebel Energy Institute はエネルギー分野における科学と技術の発展を目指し,革新的な共同研究を志向する国際コンソーシアムで,トーマス&ステーシー・シーベル財団が1000万ドルの研究資金をもとに設立した。関連研究機関は、カーネギーメロン大学、エコールポリテクニーク、MIT、トリノ・ポリテクニーク、プリンストン大学、カリフォルニア大学バークレー校、イリノイ大学アーバナ校、および東京大学である。この研究組織は産業界のアドバイザリーボードの支援を受けているが、そのボードの初期メンバーは Pacific Gas & Electric、Honeywell、C3 Energy 等のエネルギー関連の先端企業である。2017年度に採択された14件の研究提案については,以下のURLをご参照ください.
http://www.siebelenergyinstitute.org/2017-research-grants/ 

<授賞された研究・活動について>
東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻の金子成彦教授らによる「災害リスクを考慮した事業継続性に基づく分散型電源システム導入のための新手法の開発*」および東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻の田中謙司特任准教授による「ブロックチェーン技術を用いたスマートメータリングと電力流通決済システムの開発**」の研究プロポーザルに対して、Siebel Energy Institute(シーベル・エネルギー財団)は研究助成資金を授与した。2015年に始まったSiebel Energy Instituteによる研究助成制度では、メンバー大学の研究者等が提案する研究プロポーザルからエネルギーシステムに関わる研究プロポーザルを選出している。今回2017年は、エネルギーシステムの強靱化に資する研究に関する37の研究プロポーザルのうち、14のテーマが選出された。今回、財団より授与された研究資金は1件5万ドルであり、電力のみならず、今やかけがえのないインフラのひとつとなったインターネット等のサイバーセキュリティーの強靱化に寄与するアルゴリズムの開発などが取り上げられており、この研究助成資金をシーズマネーとして、研究提案のさらなる発展が期待されている。

*「災害リスクを考慮した事業継続性に基づく分散型電源システム導入のための新手法の開発」
自然災害下等における事業継続性の強化のために、分散型電源システムを導入することはひとつの解決方法になりうる。しかしながら、事業停止リスクを考慮して分散型電源システムの導入量を決定する手法はいまだ確立されていない。そこで、需要家のニーズに合わせて本研究提案では、コージェネレーションシステム、太陽光発電、蓄電池の分散型電源の導入量を決定するアルゴリズムを開発する。

**「ブロックチェーン技術を用いたスマートメータリングと電力流通決済システムの開発」
再生可能エネルギー発電が導入された電力系統は、将来的に無数の発電所と消費者が分散して互いに影響しあう複雑なシステムとなる。そのような状況に対応できる分散型電力制御の仕組みは未だ確立されていない。そこで、本研究では安全面かつコスト面も優れたブロックチェーン技術を用いたスマート計測と電力流通決済システムを開発し、自動的な個々機器間電力融通の実現を目指す。

<今後の抱負・感想>
今回、このような賞をいただき、大変光栄に思います。いただいた助成金をもとに研究をさらに発展させていきたいと思います。

 

  

(左から田中謙司特任准教授、金子成彦教授、上道茜助教)

 

(左から田中謙司特任准教授、金子成彦教授、三石衛研究科長(当時))

 

 

(金子成彦教授)

 

 

>> English page