トピックス

2017.01.13

【受賞・表彰等】化学生命工学専攻(M1) 松井 俊弥さんが、CSJ化学フェスタ2016において、優秀ポスター発表賞を受賞されました。

2016年12月15日、化学生命工学専攻(M1) 松井 俊弥さんが、CSJ化学フェスタ2016において、優秀ポスター発表賞を受賞されました。
この賞は、CSJ化学フェスタ2016において、優れたポスター発表者に対して贈られるものです。

 

<受賞された研究・活動について>
有機、無機、有機−無機ハイブリッドなどその構成要素を問わず、様々な直径・長さを有するチューブ状ナノ構造体が合成され、機能化が試みられています。近年、一義的なナノチューブ合成の手段として、金属イオンおよび有機配位子から金属−有機ナノチューブを合成する手法が報告されました。しかしながら、これまでチューブ自体に光応答性を付与した例はありませんでした。本研究では、可逆的かつ高効率な電子環状反応を示すことが知られるジチエニルエテン誘導体を用い、ナノチューブ構造を有する結晶性錯体を得ることができました。さらに、この結晶性ナノチューブは紫外および可視光照射下で、可逆的かつ良好な固相光反応性を示すことを発見し、チューブ自体に光反応性をもつチューブ状ナノ構造体の作成に成功しました。

<今後の抱負・感想>
このような賞をいただき、大変光栄に思います。研究のご指導を賜りました相田卓三先生ならびに支えて下さった研究室の皆様に厚く御礼を申し上げます。今後も熱心に研究活動に励み、主体性を持って更なる高みを目指し邁進していく所存です。