プレスリリース

2020.06.09

悪魔と取引した電子たち~磁性体における40年来の謎を解明~:物理工学専攻 有田 亮太郎教授ら

東京大学物性研究所(所長 森初果)の黒田健太助教、新井陽介大学院生、近藤猛准教授を中心とするグループは、同研究所の鈴木博之高度学術専門職員 、徳永将史准教授、日本原子力研究開発機構の芳賀芳範研究主幹、東京大学大学院工学系研究科の有田亮太郎教授(理化学研究所創発物性科学研究センター チームリーダー兼任)らの協力のもと、セリウム・アンチモンが示す「悪魔の階段」の複雑な相転移現象において、強い相関状態を受け入れることと引き換えに生じる伝導電子の特殊な振る舞いを解明しました。
膨大な数ある磁性体の中で、セリウム・アンチモンは最も複雑な磁性を示す物質の1つとして知られています。通常の磁性体とは大きく異なり、結晶中のスピン配列が通常の 20 倍にもなる異常に長い周期性を示し、配列の仕方が僅かな温度差で次々と移り変わります。この現象は、その複雑怪奇さから「悪魔の階段」として呼ばれ1977 年の発見から 40 年以上たった現在でも、そのメカニズムは謎のままでした。
本研究グループは、「悪魔の階段」で変化するスピン配列と伝導電子を超高分解能レーザー光電子分光で測定することで、「悪魔の階段」を誘発するメカニズムを調べました。その結果、本来自由に動き回るはずの伝導電子が、局在スピンとの強い相互作用を受け入れて束縛状態に陥ることと引き換えに、擬ギャップ状態を形成してエネルギー利得を得ることが「悪魔の階段」を引き起こす要因となっていることを突き止めました。本研究で明らかにした電子とスピンの強い相関は、スピン配列で伝導電子を制御して磁気メモリなどの動作原理としても機能するため、スピントロニクス磁性材料設計への展開が期待できます。
本成果は、Nature Communications 誌に掲載されました。

 

プレスリリース本文:/shared/press/data/setnws_202006091223020019423276_237790.pdf

東京大学物性研究所:https://www.issp.u-tokyo.ac.jp/maincontents/news2.html?pid=10729

理化学研究所:https://www.riken.jp/press/2020/20200609_3/index.html

日本経済新聞:https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP535384_Y0A600C2000000/

日本の研究.com:https://research-er.jp/articles/view/89424