プレスリリース

2019.10.07

AIチップ開発加速のための「AIチップ設計拠点」が稼働開始 ―設計・評価ツールの提供により、中小・ベンチャーのチップ開発加速を目指す― : 東京大学

NEDOは、AIチップ開発加速のためのイノベーション推進事業を行っており、産業技術総合研究所、東京大学と共同で、東京大学浅野キャンパス(東京都文京区)内に「AIチップ設計拠点」の整備を進める中で、本日より中小・ベンチャー企業など向けに試験運用を開始しました。
本拠点では、省エネルギーで効率的にAIを動作させるAIチップの設計に必要なEDAツールやハードウェアエミュレーター、標準IPコアなどを提供するほか、これらを活用する設計フローなどの共通基盤技術も提供します。
今後、中小・ベンチャー企業などの本施設の活用に関するフィードバックをもとに、さらに使いやすいAIチップ設計拠点として整備し、AIチップ開発加速への貢献を目指します。

プレスリリース本文:/shared/press/data/setnws_201910081014341163061355_094970.pdf

AIチップ設計拠点 : https://ai-chip-design-center.org

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO):https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101211.html

産業技術総合研究所  : https://www.aist.go.jp/aist_j/news/pr20191007.html