プレスリリース

2019.09.02

「産総研・東大 AIチップデザインオープンイノベーションラボラトリ」(AIDL)を東京大学浅野キャンパスに設立- 実空間からのデータを超高効率で取得・処理が可能なAI機能付き デジタル・アナログ・センサー集積システムの実現を目指す -

国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)エレクトロニクス・製造領域【領域長 金丸 正剛】(以下「エレ製造領域」という)は、令和元年9月1日に「産総研・東大 AIチップデザインオープンイノベーションラボラトリ」(AIST-UTokyo AI chip Design open innovation Laboratory;AIDL)を国立大学法人 東京大学【総長 五神 真】(以下「東大」という)大規模集積システム設計教育研究センター【センター長 藤田 昌宏】(以下「VDEC」という)と共同で設立しました。産総研のオープンイノベーションラボラトリ(OIL)は、産総研の第4期中長期計画(平成27年度~令和元年度)で掲げている「橋渡し」を推進していくための新たな研究組織の形態で、AIDLがその第八号となります。東大としては、平成28年6月1日に東大柏キャンパス内に設置されたOPERANDO-OILに続き第二号となります。

実空間からのビッグデータを高効率に処理するためには、エッジ側でAI処理を行うことができるエッジコンピューティングが重要となります。エッジ側では、AI処理を行うデジタル回路はもちろんのこと、データ取得や通信のためのセンサーやアナログ回路を併せて搭載する必要がありますが、限られた電力やスペースの中でデータ取得(センシング)、通信(アナログ)、データ処理(デジタル)のシステム全体を最適化するためには、デジタル・アナログ・センサー(Digital Analog Sensor: DAS)統合設計技術が必要不可欠となります。
東大VDECでは、半導体集積回路設計について世界をリードする革新的な研究が行われています。また、デジタル回路のみならず、アナログ回路やMEMS回路の開発ならびに計測、検証、評価に関しても十分な実績を有しています。一方、産総研エレ製造領域では、センサーおよびAIチップ開発においてさまざまな成果を上げており、また、実際に脳活動計測用センサーや独自FPGAをはじめとする集積回路開発まで行っています。
そこで、産総研と東大は新たな産総研の拠点(AIDL)を東大浅野キャンパス内に設置し、東大の集積回路設計・評価・計測技術と産総研のシステム応用技術を合わせ、エッジ側で高効率なデータ取得と処理を可能とするAI機能付DAS集積システムの設計・検証・評価・計測といった開発環境を構築し、システム開発を推進します。さらに、構築した集積回路開発環境や、開発したシステムを産業界に橋渡しを行い、わが国のAIチップの開発の加速を目指します。

 

 

 プレスリリース本文:/shared/press/data/setnws_201909021431421011356426_925725.pdf

 産総研:https://www.aist.go.jp/aist_j/news/pr20190902.html