プレスリリース

2019.01.11

新しいナノチューブ登場:ベンゼンを連結 -構造の自在設計と特質制御を可能とする周期孔ナノチューブpNTの化学合成- : 物理工学専攻 有田亮太郎教授ら

 東京大学大学院理学系研究科の磯部寛之教授(JST ERATO磯部縮退π集積プロジェクト研究総括)の研究グループは、周期的に孔の空いたカーボンナノチューブ(周期孔ナノチューブpNT)の化学合成に成功しました。芳香族カップリング反応を、独自の工夫を凝らして活用することで、ベンゼンを40個、筒状に繋げることに成功したものです。今回の研究では、長さと太さが、ともにおおよそ2ナノメートルのナノチューブを誕生させました。長さや太さは、今後、自在に設計可能となると見込まれます。本研究グループは、周期孔ナノチューブpNTの筒のなかに、楕円球状分子C70フラーレンを複数取り込ませることにも成功しています。さらに、理論研究により、周期孔があることで、ナノチューブの電子的性質が大きく変わっていることを見いだしました。これまでのカーボンナノチューブは、長さや太さがふぞろいでしたが、周期孔ナノチューブpNTは長さ・太さといった分子構造が明確で一義的な「分子性物質」であることから、今後、炭素材料の応用研究に貢献するものと期待されます。

 本研究成果は、国際学術雑誌「Science」に2019年1月11日に掲載されました。

プレスリリース本文 : /shared/press/data/setnws_201901111406120439158229_173364.pdf

Science : http://science.sciencemag.org/content/363/6423/151

東京大学理学部 : https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/info/6191/
東北大学 : https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2019/01/press20190111-01-pnt.html
科学技術振興機構(JST): https://www.jst.go.jp/pr/announce/20190111-4/index.html