プレスリリース

2019.01.04

超柔軟ナノメッシュセンサーで、拍動するヒトiPS心筋細胞シートの表面電位を計測 ~新薬の心臓への副作用を定量的に評価し、創薬分野への応用に期待~ :電気系工学専攻 李 成薫特任研究員、染谷 隆夫教授ら

 染谷隆夫博士(国立大学法人東京大学(総長:五神真)大学院工学系研究科教授、国立研究開発法人理化学研究所(理事長:松本紘)開拓研究本部染谷薄膜素子研究室主任研究員、同研究所創発物性科学研究センター創発ソフトシステム研究チームチームリーダー)と李成薫博士(特任研究員)らは、清水達也博士(学校法人東京女子医科大学(理事長:吉岡俊正)先端生命医科学研究所 所長)らと共同で、細胞と同じくらい柔らかいナノメッシュを電極としたセンサーを開発しました。このセンサーをヒトiPS細胞由来心筋細胞シートに直に接触させても、細胞シートはセンサーによってダイナミックな拍動が阻害されませんでした。拍動を継続した状態で、表面電位の分布を96時間に渡って安定に計測しました。ナノメッシュセンサーは高い液透過性を示すため、センサーが拍動する心筋シートに直接接触した状態で薬を投与し、投薬前後における表面電位の変化を定量的に計測することができます。将来、心筋シートの創薬や再生医療への応用が期待されます。
 本研究成果は、2018年12月31日(英国時間)に英国科学誌「Nature Nanotechnology」のオンライン版で公開されました。

プレスリリース本文: /shared/press/data/setnws_201901041001258262204352_349510.pdf

Nature Nanotechnology : https://www.nature.com/articles/s41565-018-0331-8

理化学研究所:http://www.riken.jp/pr/press/2019/20190101_2/