プレスリリース

2018.04.26

原子磁石どうしが捻れて並ぶ現象のミクロな起源を解明 ―新原理の情報記録技術をめざして― :物理工学専攻 小山 知弘助教、千葉 大地准教授ら

 京都大学化学研究所のSanghoon Kim(サンフン・キム)研究員(現在:韓国ウルサン大学准教授)、上田浩平研究員、森山貴広准教授、小野輝男教授、高輝度光科学センターの中村哲也主席研究員、鈴木基寬主幹研究員、小谷佳範研究員、三重大学の中村浩次准教授、東京大学大学院工学研究科の千葉大地准教授、小山知弘助教らの研究グループは、高麗大学校、韓国科学技術院、サウジアラビア・アブデュラ王立工科大学との共同研究により、磁気カイラリティと呼ばれる原子磁石どうしの捻れ現象のミクロな起源を、SPring-8のX線磁気円二色性測定技術を用いて実験的に解明しました。本成果は磁気カイラリティの物理に関する基礎的な理解に重要であるだけでなく、将来の高いエネルギー効率を有するスピントロニクス素子や、磁気カイラリティを用いた新しい磁気記録材料の開発につながることが期待されます。

この成果は2018年4月25日に、「Nature Communications」にオンライン公開されました。

プレスリリース本文:/shared/press/data/setnws_201804261055227010625077_087861.pdf

Nature Communications : https://www.nature.com/articles/s41467-018-04017-x

日本経済新聞: https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP478324_V20C18A4000000/

Spring-8(大型放射光施設): http://www.spring8.or.jp/ja/news_publications/press_release/2018/180425/