プレスリリース

2017.11.07

量子コンピュータのデバッグを高速化 ―速いがゆえのジレンマを解消― :物理工学専攻 鈴木泰成(博士課程)、光量子科学研究センター 小芦雅斗教授ら

量子コンピュータは、量子力学の重ね合わせの原理を活用して計算を行う技術で、素因数分解や量子化学計算などの問題を、現代のあらゆるコンピュータよりも高速に解けることが期待されているため、その開発が世界で盛んに進められています。実際の量子コンピュータは、わずかにエラーをもつ素子(量子ビット)を組み合わせて作られるので、それを訂正しながら計算を続ける仕組みの量子誤り訂正が必要になります。その設計には、素子のエラーをどの程度低減できれば誤り訂正がうまくいくのかを見積もることが重要です。ところが、量子コンピュータが高速であるが故に、この見積もりの計算は通常のコンピュータでは追いつかず、「量子コンピュータの設計には量子コンピュータが必要」というジレンマに陥ってしまう懸念がありました。
 本研究グループは、量子コンピュータが量子的なエラーを訂正していく機構と、もともとは物性物理の分野で知られていた、フェルミ粒子の運動を表す物理モデルとが同一と見なせることを示しました。計算機としては、複雑な重ね合わせの状態を経由していくように見える機構が、粒子の運動と見なすことで、通常のコンピュータで計算できる単純な時間変化に置き換えられます。この手法により、従来不可能だと考えられていた、量子的なエラーを考慮した素子に要求される性能を、通常のコンピュータで高速かつ正確に計算することができます。これは、上記のジレンマを解消するもので、実用的な量子コンピュータの開発の促進につながると期待されます。また、複雑な重ね合わせ状態の中には、見かけだけのものがあるという発見は、「量子コンピュータはなぜ速いのか?」という根本的な問題の解明により深く迫るものと言えます。
 本研究は、科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業(さきがけ・CREST・ERATO) ならびに先端光量子科学アライアンス(APSA)の支援のもとに行われました。

 

プレスリリース本文:/shared/press/data/setnws_201711071409252400282300_297314.pdf

Physical Review Letters:https://journals.aps.org/prl/accepted/8307bY56Q201c75a19135b99c02577ae154392ea3