プレスリリース

2017.02.22

初期費用ゼロで省エネ冷蔵庫に買い替え~節約した毎月の電気代で、約7年で購入費を完済~:電気系工学専攻 高瀬香絵 研究員、松橋隆治 教授

JST(理事長 濵口 道成)低炭素社会戦略センター(LCS)と東京大学(総長 五神 真)は、平成26年度より「電気代そのまま払い」の枠組みを提案し、社会への普及が進展しています。

「電気代そのまま払い」は、家庭が冷蔵庫などの省エネ機器を導入する際に、必要な初期費用を金融機関などが立て替えし、省エネ機器の導入によって節約した電気代相当額を月々の実際の電気代と一緒に支払うことで、機器代を返済していく枠組みです。LCSと東京大学は「電力使用量見える化実験」により収集した実際の家庭の冷蔵庫消費電力データに基づき、月々に節約される電気代を簡易的に推計するツールを開発しました。

この研究成果を背景に、平成27年4月より、LCSと東京大学、および静岡ガス株式会社(代表取締役社長 戸野谷 宏)によって、静岡県三島市を中心に「電気代そのまま払い」の社会実装を行い、冷蔵庫の買い替えが実現しました。実際に冷蔵庫を買い替えた家庭では、60%以上の省エネ効果(電気代にして1,500円以上の節電効果)が確認されました。今後も社会実装を通して、想定した節約額と実測値の差異を検証するとともに、利用者の声を参考にして枠組みの改善に取り組みます。

今回の買い替えの実現は、「電気代そのまま払い」の社会普及の第一歩です。LCSと東京大学は、既に三島市以外の複数自治体にて枠組みの普及に向けた活動を行っています。各地で冷蔵庫の買い替え事例を増やすことで、統計的な信頼を得たいと考えています。また、将来的には、この枠組みは冷蔵庫以外の家電や照明など広範囲の機器を対象とすることで、家庭部門での省エネ量を大きくできる可能性があります。

共に活動している自治体や金融機関等の協力を得て、この枠組みを推進するファンド設立や自立した事業の創出等も行い、全国への普及を目指します。

 

 

プレスリリース本文:/shared/press/data/setnws_20170215114926070591162069_916862.pdf