イベント

2014.08.06

高校生のためのオープンキャンパス 女子高生向け説明会 報告

東京大学オープンキャンパス2014 工学部コース企画 女子高生向け説明会

理工系女子のススメ ~ 工学部ガールって??

現役の工学系女性教員・女子学生が工学部ガールの魅力について語ります

 

報告

1.概要

日時:2014年8月6日(水)13:00~15:15

場所:工学部11号館1階講堂

参加者:高校生123名,保護者33名,中学生2名

主催者側出席者:教員8名,学生5名

 

2.プログラム

総合司会:加藤耕一(建築 准教授)

13:00~13:05 挨拶 工学系研究科長 光石衛 教授

13:05~13:10 趣旨説明 工学系男女共同参画委員 小林英津子 准教授

13:10~14:15 講演

   13:10~13:40 都市工学専攻 窪田亜矢 特任教授 「研究職は面白い!」

   13:40~13:50 化学システム工学専攻 星野聖良 大学院修士2年 「私が工学部に進んだわけ」

   13:50~14:00 バイオエンジニアリング専攻 鎌田彩花 大学院修士1年 「なぜ工学部を選んだか」

14:00~14:10 質疑応答

14:10~14:15 卒業生からのメッセージ

航空宇宙工学科卒 山崎直子 宇宙飛行士 (ビデオレター)

 

<休憩(10 分)>

14:25~14:55 分野ごとの懇談・質問会(お茶を飲みながら気軽に)

14:55~15:00 全体を通しての質問,閉会の挨拶 近藤高志(マテリアル 教授)

 

3.実施内容

オープンキャンパスの工学部の自由参加企画として,女子高校生とその保護者を対象とした説明会「理工系女子のススメ~工学部ガールって?? 現役の工学系女性教員・女子学生が工学部ガールの魅力について語ります」を開催しました。工学部の独自企画としては本年度が3度目の開催となります。事前予約の必要ない自由参加企画としましたが,昨年に続き,保護者の皆様を含めて150名を超える参加者があり,大変な盛況でした。昨年同様,オープンキャンパスのパンフレットに掲載されたスケジュールを見て参加された方が多いようです。

前項のプログラムにあります通り,最初に,光石衛工学系研究科長から工学部・工学系研究科について説明があった後,小林英津子男女共同参画委員から,工学が女性にとっても魅力ある分野であることを理解してもらいたいという企画の趣旨と,女子高校生に理工系への進学をぜひ検討してもらいたいというメッセージが伝えられました。その後,教員代表として,窪田亜矢先生のバイタリティー溢れた講演があり,そして,2名の女子大学院生によるなぜ自分は工学系に進んだかという,それぞれの人生を振り返りながら非常に興味深い講演がありました。また,工学部卒業生の宇宙飛行士・山崎直子さんから,今年も参加者向けにメッセージを頂き,ビデオレターとして紹介しました。いずれも,工学の様々な分野の研究・仕事の魅力を大変良く伝える内容で,参加者の興味を強くひくものでした。後半は,昨年と同様,座談形式の懇談・質問会を実施しました。講演者に加えて,工学系研究科の教員・女子学生が加わり,分野ごとに,高校生と懇談しました。講演会の最中は大勢の前で質問しにくかったようですが,座談会のときには,それぞれのテーブルで自分の興味ある分野の内容について,たくさんの質問が飛び出し,予定終了時間を15分超過して大いに盛り上がりました。

 

OC2014_01.jpgのサムネール画像 OC2014_02.jpgのサムネール画像

 図1 窪田亜矢先生の講演         図2 満員の会場の様子

 

 OC2014_03.png OC2014_04.jpg

 図3 山崎直子さんからのビデオレター   図4 懇談・質問会の様子

 

4.アンケート結果

保護者の方々も含めて106名の参加者から回答をいただきました。説明会について満足度が高く,「理系の別の分野も考えたい(高校生)」「本人次第と考えていたが理系を勧めても良い(保護者)」という回答も各2割程度あり、高校生も保護者も,理工系への進学の意欲が高まったという結果が得られました。