イベント

2015.03.07

第18回東大テクノサイエンスカフェ 「安全・安心な都市(まち)をつくる」 

3月7日(土)、東大テクノサイエンスカフェ「安全・安心な都市(まち)をつくる」を開催いたしました。小学生23名、中学生6名、保護者27名の参加があり、都市工学科 樋野公宏准教授の講演に加えて、ワークショップを体験していただきました。

<講演> 1.都市(まち)が犯罪を引き起こす?  2.はじめよう!防犯まちづくり     

     IMG_3121.jpgのサムネール画像     IMG_3245.jpg

<ワークショップ> 「どうする?危険な公園」

     tsc20150307_3.jpg     IMG_3204.jpg

     IMG_3166.jpg     tsc20150307_7.jpg

 

都市工学科3年生の大学生5人のファシリ―テーションで、ワークショップを体験をしていただきました。

 

tsc20150307_5.jpg

 

 

参加者からは、

「世界では子供の権利としてまちづくりができるということを知りました」(中二・女子)

「自分の家にも門のようなものがあるが、それが防犯対策だったことを知りました。」(小6・男子)

「町の印象で犯罪が減ることをしりました。」(中一・男子)

 

保護者からは、

「今回は、目で見る実験とは違い、みんなで意見を出し、まとめる作業は新鮮だったと思います。」

「ワークショップを経験したことで、町づくりに強い関心を抱くようになったと思います。”自分に出来ることは何か”を親子で楽しく考えてみたいと思います。」

「子供にとって身近な”公園の改善”というテーマでのワークショップでしたので理解しやすかったと思います。これからは公園で遊ぶだけでなく、安全かどうかという今までにない目線が増えたと思います」

 

といった感想も頂きました。

皆様ご協力ありがとうございました。

 

2015年3月29(日) 『(小中高大学生向け)TechnoEdge & Girls Tech Fes』を開催致します。こちらをご覧いただき、ご参加下さい。

********************************************************************

        

工学のさまざまな魅力を皆さまにお伝えする東大テクノサイエンスカフェ、第18回目となりました。

今回は、都市工学科の 樋野公宏先生にご協力頂き、安全・安心な暮らしやすい都市(まち)をつくるために、私たちに何ができるかを考えます。

 

樋野先生のご講演を聴くだけでなく、

都市工学科の学生さんにもサポートしてもらいながら、

架空の「危険な公園」をどう変えていけばよいのか、グループに分かれてみんなで考えます。

 

興味のある方、どうぞお気軽にご参加ください。

 

日時: 2015年 3月 7日(土) 14:00 - 16:30 (予定)

場所: 東京大学本郷キャンパス 工学部14号館1F 141号室

http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_15_j.html

正門脇、スターバックスのある11号館の隣(北側)の建物です。

定員: 40名(保護者含まず)

主な参加対象: 小学生高学年、中学生とその保護者

 

参加方法: 申し込みは締切りました。お申し込みいただいた方は、全員ご参加いただけます。
(※お申し込みいただいた後、参加確認のメールが届いてない方は、下記問合せ先にご連絡ください。
携帯電話は、受信制限設定等でこちらからのメールが届かない場合があるので、できるだけPCのメールアドレスでご連絡ください。)

 

主催: 東京大学大学院工学系研究科

協力: 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻、ボーイング社

 

問合せ先: 東京大学大学院工学系研究科 広報室

メールアドレス: kouhou at pr.t.u-tokyo.ac.jp  (atを @に変えてください)

お問い合わせはメールにてお願いいたします。