機械工学科

機械工学科

学科のホームページはこちら

機械工学科

新しい機械や機械システムの創造を通じて、安心安全で豊かな持続型社会の実現に貢献します。

機械工学科は、1874年の設立以来、"社会のための科学技術"として発展を続け、日本の社会の直面する問題を解決してきました。教育は、材料力学、熱力学、流体力学、機械力学の4力学(ヨンリキ)を中心としたアナリシス(分析)の基礎と、設計や生産などのシンセシス(統合)の応用が強く結びついた特徴的な体系を有しています。応用分野は、鉄道、自動車、造船、航空機、重機、電機、鉄鋼、発電プラントから半導体、MEMS、バイオテクノロジーなどへと時代の要請を受けながら広がっています。現在は、 環境・エネルギー、ナノ材料・ダイナミクス、バイオ・医療、安全・安心などが重点領域になっています。また、学部教育は機械情報工学科とともに機械系二学科一体で運営されています。

教員紹介

この学科の教員紹介はこちら

分野・コース

機械工学のミッションは、「社会のための科学技術(Science for society)」を実現し、社会の直面する複雑な問題を解決することにあります。現在では、環境・資源制約の下で、安心安全で豊かさの感じられる持続的な社会を構築することにその重点が置かれています。学問・学術的には、伝統的な機械工学自身を深めると同時に、学際分野・基礎科学と連携して新領域を開拓し、社会に求められる技術や価値を創造するための基盤的な知の体系を築いていくことを常に目標としてきました。これまで、機械工学を学んだ技術者・研究者は、産業界の様々な分野に柔軟に適応し、多大な貢献をなしてきました。

教育

教養学部第4学期及び本郷における3年生夏学期では、数学、材料力学、流れ学、熱工学、機械力学などのいわゆる機械工学の基礎科目を勉強すると共に、設計・製図演習、プログラミング演習、機械工学実験などの実践的トレーニングを経験します。3年生冬学期から4年生にかけては、企業での短期インターシップによる就労経験を積んだ後、機械工学の先端・専門的な講義、ものづくりのための創造性を養う演習が設けられています。4年生に進学すると同時に各研究室に配属されて卒業論文の研究に着手し、各人の問題解決能力を積極的に養うことになります。

進路

機械工学科では、企業と大学の長年の相互信頼関係の下、就職の学科推薦を行っており、例年ほぼ半数の学生は学科推薦のルートで就職しています。学科推薦とは、学科推薦を依頼してきた企業とそこへ就職を希望する学生の仲介作業を中心に学生への支援業務を行うものであり、学科推薦のルートによれば、応募企業を1社に決める必要がある拘束されるが、高い確率での採用が期待されます。

主な就職先(9割は修士課程進学後)は、

機械系41%
(トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、三菱重工業、IHI、コマツ、新日本製鐵、ファナック、etc)

電機・精密機器 28%
(キャノン、ソニー、NEC、日立製作所、東芝、パナソニック、シャープ、三菱電機、オリンパス、キーエンス、etc)

商社・金融系10%
(三菱商事、住友商事、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、J.Pモルガン、アクセンチュア、M&A、大和証券SMBC、etc)

インフラ系7%
(JR東海、JR東日本、全日本空輸、東京電力、東京ガス、etc)

大学・研究機関6%
(東大、東工大、京大、九大、産業技術総合研究所、交通安全環境研究所、etc)

官公庁3%
(国土交通省、海上保安庁、海洋技術研究所、特許庁、etc)

情報・通信系3%
(NTTグループ、ソニーエリクソン、日本IBM、エリシオン、etc)

化学系3%
(P&G、旭化成、旭硝子、J&J、帝人)

 

(日本語のみ)