「工学」それは意思を実現する体系

超小型衛星「ほどよし4号」が50 kg級衛星として世界最高速となる 毎秒348メ ガビットの高速ダウンリンク通信に成功 : 電気系工学専攻 齋藤宏文教授、航空宇宙工学専攻 中須賀真一教授Japanese Page

2015/02/18

近年、超小型衛星(重量50 kg級衛星)は400-600kmの衛星高度から、地表の数メートルの物体まで見分けられる高解像度で地表を撮影できるようになっています。しかし、超小型衛星の限られた重量や電力に見合うシステムでは地上へ大量の画像データ伝送を行えないことが制約となっていました。

今回、宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所・東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻の齋藤宏文教授らの研究グループは、衛星搭載用の小型省電力の高速データ送信技術と地上の受信技術について基礎開発しました。そして、超小型衛星「ほどよし4号」の高速通信システムにおけるXバンド通信機の研究開発を行い、東京大学大学院工学系研究科 中須賀真一教授らとともに、フライトモデルを製作しました。2014年12月、「ほどよし4号」から毎秒348メガビットの速さでデータを送信し、JAXA宇宙科学研究所の受信設備でデータの誤りなく受信することに成功し、軌道上でその動作を実証しました。これは重量2tの地球観測衛星「だいち2号」の約半分にあたる通信速度であり、2015年2月時点では50 kg級衛星として世界最高速となります。

今回の開発研究成果により、超小型衛星による地球観測は、データ伝送の点では大型衛星の機能に迫ってきたといえます。今後は観測センサの性能と衛星システムの信頼性向上が残された課題となります。

なお、本研究は、JAXA宇宙科学研究所と東京大学グローバルCOEプログラム「セキュアライフ・エレクトロニクス」の支援を受けて行われました。また、「ほどよし4号」の開発は、総合科学技術会議 最先端研究開発支援プログラムにおいて日本学術振興会より助成されて行われました。

 

downlink

 

詳細リリースはこちらからご覧ください。


シェア

ページの先頭へ

前ページへ