「工学」それは意思を実現する体系

電圧で制御できる「キラル発光トランジスタ」 ー3Dディスプレイや量子コンピュータへの応用が期待ー : 量子相エレクトロニクス研究センター 岩佐 義宏教授Japanese Page

2014/04/28

すべての光は右回り円偏光と左回り円偏光の重ね合わせでできている。円偏光光源は、現在、3Dディスプレイ(表示された映像が立体的に見えるディスプレイ)に一部使用されており、将来的には量子コンピュータへの応用も期待されている。しかし、従来の円偏光を生成・制御する手法では、円偏光光源の微細化に限界があり、電場によって制御することは困難だった。

東京大学大学院 工学系研究科 附属 量子相エレクトロニクス研究センターの岩佐義宏教授(独立行政法人 理化学研究所創発物性科学研究センター 創発デバイス研究チーム チームリーダー兼任)率いる研究グループは、同研究科物理工学専攻 岡隆史講師、オランダのフローニンゲン(Groningen)大学 叶劍挺准教授らと共同で、新たな原子膜材料として注目される二セレン化タングステン(WSe2)の電界効果トランジスタ(FET)を用いて、電圧によって左右の回転方向を制御可能な円偏光光源を実現した。

電圧によって制御可能な円偏光光源は、3Dディスプレイや量子情報の担体として非常に期待されており、物質科学、フォトニクスの両面から研究が盛んに行われてきた。本成果はWSe2の特異な構造と電子の状態を利用し、電圧によって左回りと右回りの円偏光を切り替えることが可能な円偏光光源の原理を提案・実証するものである。

 

LET (Jap).jpg

 

詳細はこちらからご覧ください。


シェア

ページの先頭へ

前ページへ