「工学」それは意思を実現する体系

タンパク質合成に必須なtRNAの修飾構造を解明 -40年前に決定された化学構造は分解物であった- : 化学生命工学専攻 鈴木勉教授Japanese Page

2012/12/20

発表のポイント
◆tRNAに含まれる修飾塩基はタンパク質の生合成において重要な役割を担っています。今回、サイクリックt6A (ct6A)と命名されたtRNAの新規修飾構造を発見し、その生合成および機能を解明しました。
◆40年前に決定された修飾構造(t6A)はct6Aの分解物であり、今回初めてその真の構造が明らかとなりました。間違った化学構造に基づく40年来の研究を見直す必要があります。
◆tRNA修飾は遺伝暗号の解読やタンパク質合成のしくみを理解する上で重要な研究対象です。tRNA修飾酵素の阻害剤は新しい抗生物質として開発できる可能性があります。

 

FIG_ANN.jpg

 

詳細はこちらから。


シェア

ページの先頭へ

前ページへ